• ホーム
  • 製作事例
  • 制作の流れ
  • 求人・パートナー募集
  • スタッフ紹介•会社概要

3D CAD/CAM

発泡スチロールを設計する3D CAD/CAMについて

Izoxでは、発泡スチロールを設計するうえで「3D CAD/CAM」を使用しています。こちらのページでは、「CAD」「CAM」の概要や基本的なポイントについて解説いたします。

CADについて

CAD(キャド)とは、パソコンで図面を作成するためのソフトウェアのこと。携帯電話やクーラー、車など、身の回りにあるさまざまな製品が、CADで書かれた図面をもとに製造されています。CADには平面の図面を書く「2D CAD」と、立体の図面を書く「3D CAD」がありますが、発泡スチロールの設計では使うのは「3D CAD」です。当社ではシミュレーション用・型用2Dデータの3Dデータ化にも対応しております。

3D CADの利点

3D CADでの設計の利点は、製品の完成形が画面上で容易に確認できること。好きな角度から眺めてバランスを調整したり、その他の製品と組み立てられたりと、製品をつくる前からさまざまなシミュレーションが行えます。2D CADでは表現が難しい複雑な曲面を表現できるところもメリットです。

さらに当社の場合、フルモールド鋳造法の発泡スチロール型を3D CADで設計することで「データとして保存できるので、倉庫のような保管スペースが不要」「設計図をもとに自動操作(後述)で発泡スチロールを加工でき、短納期・高品質」といったメリットも得られています。

CAMについて

CAM(キャム)とは、CADで作られた立体図をもとにして、工作機械の自動操作プログラム(CLデータ)を作成するソフトウェアです。CLデータには「どの工具を使用するか」「工具をどう動かすか」「どんなスピードで加工するか」といった情報が入っています。

CLデータはCAM独自の言語で書かれているため、工作機械が読み取れるように「NCデータ」というデータに変換してあげる必要があります。詳しくは「NCデータ」のページをご覧ください。

このページの先頭へ